スポンサードリンク

2007年03月27日

認定看護師について

認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格した、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することを認められた看護師のことです。
認定看護師は水準の高い看護実践を通して看護師に対する指導をします。

認定看護師になれる条件は、保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を取得しており、実務経験が5年以上が必要です。
さらに、それらを満たした上で認定看護師教育機関で認定看護分野に応じた認定看護師教育課程を修了し、認定審査に合格すると、認定看護師認定証が交付され、認定看護師として登録されます。

認定看護師になるには、これだけのことをこなさなければいけません。  
posted by aw at 11:15 | 看護師について

2007年03月26日

看護師の現状

昨今の医療制度改革の影響より看護師を求める医療機関は切実に増えています。

厚生労働省のまとめた看護師の需給の見通しでは、2006年度で4万人余りの看護師が不足しているそうです。

医療機関側も、経営が苦しいながら看護師人員の充実を図る動きが活発になってきています。

その影響で看護師の求人はとても高いといえます。
看護師の資格を持ったもので、就職先に困ることはないでしょう。

そんな中、看護師に対する求人の内容も変化を見せ始めています。
女性が勤務しやすい労働時間を設定したり院内に保育園を新設したりしています。そして今後も益々看護師さん自身、より自分の希望に沿った勤務地などの医療機関での勤務を求める動きが高まるでしょう。  
posted by aw at 20:00 | 看護師の求人

保健師と看護師の違いは?

保健師と看護師の違いは何なんでしょうか?


簡単に言うと免許・資格の違いです。

看護婦は高校卒業後もしくは准看護婦の資格取得後に看護学校で学習し実習を終えた後に、国家試験を受けなければいけません。その試験に合格して免許を取得できます。そして就職先は自分で選択します。その就職先は病院であったり診療所であったりします。

保健師は看護婦として免許を取得した後に1年間の保健師学校に通い、実習を終えた後に国家試験に合格すると保健師の免許を取得できます。
保健師は現場は保健所などの行政機関が多いようですが、看護師の免許もあるので看護婦として病院で働くことも出来ます。  
posted by aw at 11:17 | 看護師について

2007年03月23日

社会人から看護師になる方法

社会人から看護師になるにはどうしたらいいのでしょうか?

看護師になるためには看護学校に通い、卒業の後に看護師国家試験という試験で合格しなければなりません。

社会人の方であれば、仕事をしながら学校に通学したいと考える方もおられると思いますが、実際それに近いかたちとして4年間の定時制の看護師専門学校が挙げられます。
しかし、この定時制看護師専門学校においても、授業開始は昼からのため午前中の仕事であれば可能ですが、現実的には難しいのではないかと思います。
もしくは、朝はアルバイトして勉学に専念し専門学校・専門大学に通い、費用に関しては奨学金制度を利用する手も考えられます。   
posted by aw at 13:00 | 看護師について

2007年03月22日

看護師の勤務体制

ドラマなどでよく看護師は夜勤をやっていますね。
では実際の看護師の勤務体制はどうなっているんでしょうか?

看護師には2交代制、3交代制や当直があります。
2交代制の場合は、日勤と夜勤とに分かれています。国の指針として月に8回までとされています。しかし実際にはそれを多少越える回数をこなしているのが現状です。もちろん深夜勤務については夜勤手当が加算されます。
3交代制は、おおまかに日勤「午前8時半〜午後4時半」準夜勤「午後4時半〜午前0時」深夜勤務「午前0時〜午前8時半」の3つに分かれての交代制ということになります。
だいたいの病院が3交代制で、時間についても病院によって若干異なっています。  
タグ:看護師 求人
posted by aw at 15:54 | 看護師について

看護師の給与は?

看護師の給与っていったいどれくらいなんでしょうか?

国立病院に勤務する看護師の初任給は、平成11年においては「2級3号俸」となり、191,500円とされていました。しかし、地域や民間の病院によって収入面においては、わりと格差があるようです。だいたい、平成18年の給料は初任給で23万前後でしょうか。
この給料は数字だけ見ると一般企業に比べると良い方ですが、看護師の場合は、一般企業のように定時で終わるとかはありません。
看護師には交代制や当直といった夜勤など深夜にも働く場合がありますから、一概に待遇が良いといえるかどうかといった感じです。

しかし、職場によっては手当もついていきます。例えば介護支援専門員や保健師・認定看護師・専門看護師などに手当がついたり、役職手当といった看護師長や看護部長などにつく手当によって給料の額も上積みされていきます。
病院によっては福利厚生がしっかりしているかなども違っていきますから、給料やその他の条件・勤務状態などを、いろいろな視点で見て、見合う給料なのかを判断していかなければいけません。   
posted by aw at 13:39 | 看護師の求人

2007年03月21日

「看護師」と「准看護師」

「看護師」と「准看護師」の二つに看護師資格は分かれています。
「看護師」は自らの判断による看護が行えるのに対して「准看護師」の場合は医師や看護師の指示があってはじめて看護が行えます。
なぜ「准看護師」という資格が設けられたかというと、戦後の看護師不足に対応するための暫定措置という経緯があります、その為に、看護業務を看護師と同様に行うも看護師ではないという不安定な立場で、看護師に比べ給与の水準も低いです。

この「看護師」と「准看護師」は資格管轄が異なります。
「看護師」は国家資格免許で「准看護師」は都道府県知事免許です。   
posted by aw at 19:44 | 看護師について

看護師の現状

現在は看護師の仕事も細かく分かれてきています。これは医療の専門化が進んだことが原因でしょう。また日進月歩の激しい世界なので、日々勉強を心がける姿勢も大切だといえます。

夜勤など変則的な勤務スケジュールもあり、求められる人材として心身ともに元気で丈夫な人があげられます。

日本では高齢化により、病院、診療所をはじめ、最近は、老人ホームなどの老人福祉施設や在宅介護の需要が増えて、看護助手など人材の供給が不足しがちです。
つねに人材不足なので、就職先に困ることはないでしょう。

なお、1993年には保健婦助産婦看護婦法が改正され、男性にも門戸が開かれました。2002年には「看護師」と名称も統一されました。  
タグ:看護師 求人
posted by aw at 18:27 | 看護師について

看護師国家試験について

看護師国家試験の試験科目は、「人体の構造と機能」「疾病の成り立ちと回復の促進」「社会保障制度と生活者の健康」「基礎看護学」「在宅看護論」「成人看護学」「老年看護学」「小児看護学」「母性看護学および精神看護学」です。
看護系の学校や養成所では、こうした専門分野についての教育が積極的に行われるため、看護師国家試験の合格率は高く、取得後の就職率もきわめて高いものです。
 
 活躍の場は、病院や診療所などの医療機関や保健施設などが主です。最近では、高齢社会における在宅での看護ニーズが高まり、訪問看護ステーションや地域の保健福祉関連施設などでも看護師の専門的な知識や経験が求められるようになっているといえます。看護師の役割はさまざまな現場で一層期待されています。  
タグ:看護師 求人
posted by aw at 17:32 | 看護師の試験

看護師の主な仕事

看護師の主な仕事は、病院や診療所などにおいて、医師の指示に基づき診療の補助をしたり、患者の療養上の世話を行うことです。それ以外にも、高度化・専門化する医療体制のなかで、患者と医療スタッフとのコミュニケーションを円滑にし、患者の心のケアにあたるなど、重要な役割を担っています。

 資格取得には厚生労働大臣が行う国家試験に合格して免許を受ける必要があります。これとは別に、都道府県知事が行う試験に合格して免許を受ける准看護師もあり、養成課程は異なります。
 
タグ:看護師 求人
posted by aw at 16:48 | 看護師について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。