スポンサードリンク

2007年03月26日

看護師の現状

昨今の医療制度改革の影響より看護師を求める医療機関は切実に増えています。

厚生労働省のまとめた看護師の需給の見通しでは、2006年度で4万人余りの看護師が不足しているそうです。

医療機関側も、経営が苦しいながら看護師人員の充実を図る動きが活発になってきています。

その影響で看護師の求人はとても高いといえます。
看護師の資格を持ったもので、就職先に困ることはないでしょう。

そんな中、看護師に対する求人の内容も変化を見せ始めています。
女性が勤務しやすい労働時間を設定したり院内に保育園を新設したりしています。そして今後も益々看護師さん自身、より自分の希望に沿った勤務地などの医療機関での勤務を求める動きが高まるでしょう。  
posted by aw at 20:00 | 看護師の求人

2007年03月22日

看護師の給与は?

看護師の給与っていったいどれくらいなんでしょうか?

国立病院に勤務する看護師の初任給は、平成11年においては「2級3号俸」となり、191,500円とされていました。しかし、地域や民間の病院によって収入面においては、わりと格差があるようです。だいたい、平成18年の給料は初任給で23万前後でしょうか。
この給料は数字だけ見ると一般企業に比べると良い方ですが、看護師の場合は、一般企業のように定時で終わるとかはありません。
看護師には交代制や当直といった夜勤など深夜にも働く場合がありますから、一概に待遇が良いといえるかどうかといった感じです。

しかし、職場によっては手当もついていきます。例えば介護支援専門員や保健師・認定看護師・専門看護師などに手当がついたり、役職手当といった看護師長や看護部長などにつく手当によって給料の額も上積みされていきます。
病院によっては福利厚生がしっかりしているかなども違っていきますから、給料やその他の条件・勤務状態などを、いろいろな視点で見て、見合う給料なのかを判断していかなければいけません。   
posted by aw at 13:39 | 看護師の求人
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。